2018年03月12日

仙台市太白区67歳「妻殺した」出頭の65歳夫を死体遺棄容疑で逮捕


宮城県仙台市秋保町の妻殺害死体遺棄.jpg

宮城県警仙台南署は10日深夜、自宅に妻のご遺体を放置したとして、宮城県仙台市太白区(たいはくく)秋保町(あきうまち)馬場町(ばばまち)の大工・佐藤金一(きんいち)容疑者(65)を死体遺棄の疑いで逮捕した。宮城県警仙台南署は、佐藤金一容疑者が遺棄した経緯に加え、妻の殺害も認める供述をしており、今後、殺人容疑でも立件する方針。
宮城県仙台市秋保町の妻殺害死体遺棄1.jpg

宮城県仙台市秋保町の妻殺害死体遺棄2.jpg
逮捕容疑は3月2日〜10日頃、宮城県仙台市太白区秋保町馬場の自宅で、妻の佐藤とも子さん(67)のご遺体を仏間の布団の上に遺棄した疑い。
宮城県警仙台南署によりますと、10日11時00分頃、佐藤金一容疑者が「妻を殺しました」と、宮城県警仙台南署に出頭しました。宮城県警仙台南署員が自宅を確認した所、1階の仏間で、妻の佐藤とも子さんのご遺体が布団の上に仰向けの状態で見つかった。佐藤とも子さんの頭と首には複数の傷があり、頭部は何らかの道具で殴られたと見られると言う。11日の司法解剖の結果、死因は出血性ショック死の疑いで、死後1週間ほど経っていると見られる。
宮城県仙台市秋保町の妻殺害死体遺棄3.jpg
調べに対し佐藤金一容疑者は、「遺体を放置した事は間違いない。今月2日に妻とトラブルがあって殺した」、などと話していると言う事です。
近隣住民らによると、佐藤金一容疑者は、妻の佐藤とも子さんと約20年前に結婚し、現在は2人暮らし。自宅から佐藤とも子さんの怒鳴り声が頻繁に聞こえ、夫婦間のイサカイが絶えない様子だったと言う。
佐藤金一容疑者の同僚の男性(62)は、「(容疑者は)ここ1、2年で一気に痩せた。顔のアザや引っかき傷を隠すため、マスクやサングラスを着けて仕事場に来ていた」と、説明。約1週間前に暗い表情で、「仕事を休ませてほしい」と、依頼主の工務店に伝え、「その頃から、とも子さんの姿を見掛けなくなった」と話した。





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 18:49| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東北篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。