2018年02月12日

<山梨県甲府市会社役員強盗致死事件>24歳の男2人を強盗致死傷容疑で逮捕


山梨県甲府市会社役員強盗致死傷事件.jpg

山梨県警捜査1課は10日、2016年(平成28)8月に山梨県甲府市朝気(あさけ)1丁目の住宅で、不動産会社の役員の男性が襲われ、暴行されて死亡した事件で、神奈川県厚木市緑ケ丘5丁目の無職・武井北斗容疑者(24)と山梨県甲斐市富竹新田のアルバイト・金丸拓人容疑者(24)を強盗致死傷の疑いで逮捕した。
山梨県警は当初、殺人容疑で捜査本部を設置したが、殺意の立証は困難と判断したと言う。山梨県警捜査1課は、2人の認否を明らかにしていない。
山梨県甲府市会社役員強盗致死傷事件0.jpg
山梨県甲府市会社役員強盗致死傷事件1.jpg

山梨県警捜査1課によると、武井北斗容疑者(24)と金丸拓人容疑者(24)は2016年8月17日22時15分頃、山梨県甲府市朝気1丁目の若宮利雄さん(当時73)宅に強盗目的で押し入り、若宮利雄さんに暴行を加え金品を奪おうとし、警報装置の作動で駆け付けた警備会社の男性警備員(当時34)にも暴行を加えた疑いがある。
若宮利雄さんは腹部を中心に殴る蹴るなどの激しい暴行を受けたと見られ、搬送先の病院で2016年8月18日に死亡し、警備員も顔などに約2週間の軽傷を負った。
山梨県甲府市会社役員強盗致死傷事件2.jpg

山梨県甲府市会社役員強盗致死傷事件3.jpg

山梨県警捜査1課は、現場に残されていた髪の毛などの遺留物のDNA型鑑定を行い、捜査を進めて来ましたが、逮捕された武井北斗容疑者と金丸拓人容疑者のものと一致していた事が、捜査関係者への取材で分かりました。また、事件当時に武井北斗容疑者が、若宮利雄さんが所有する山梨県甲府市内のアパートに住んでいて、2人には面識があった可能性がある事も分かりました。山梨県警捜査1課は、武井北斗容疑者が金丸拓人容疑者に犯行を持ち掛けた可能性があると見て、事件の動機や詳しい経緯などを調べています。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 18:43| Comment(0) | 凶悪殺戮‥甲信越編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]