2018年02月11日

2016年行方不明の63歳父親の遺体を三河湾に捨てた…愛知県豊橋市の31歳次男逮捕


山田幸美さんが好き__三河湾死体遺棄事件.jpg

愛知県警豊橋署と海上保安庁第四管区海上保安本部名古屋海上保安部三河海上保安署の合同捜査本部は10日、父親のご遺体を海中に捨てた死体遺棄の疑いで、次男の愛知県豊橋市牟呂公文町(むろくもんちょう)の農業・小林大介容疑者(31)を逮捕した。
逮捕容疑は2016年10月24日頃、父親の愛知県豊橋市牟呂町(むろちょう)西明治(にしめいじ)沖坪(おきのつぼの)不動産業、小林生治(せいじ)さん(当時63)のご遺体を、自宅から約12キロメートル離れた愛知県田原市の姫島北方の三河湾へゴムボートで運び、海中に遺棄したとしている。小林生治さんはこの2日前の夜、同居の妻が姿を見たのを最後に連絡が取れなくなり、2016年10月31日、妻と長男が愛知県警豊橋署へ相談に訪れ、行方不明者届を提出していた。
愛知三河湾父親の死体遺棄事件.jpg
愛知三河湾父親の死体遺棄事件0.jpg
愛知県警豊橋署と三河海上保安署の合同捜査本部によると、小林大介容疑者は黙秘し、認否について、何も話していないと言う。合同捜査本部は今後、家族内のトラブルを含め小林生治さん(当時63)が死亡した経緯についても事情を聴く。
捜査関係者によると、小林大介容疑者は昨年3月、逮捕前の任意の事情聴取を受けた際に、「(父の)遺体を解体した。ゴムボートを使って海に捨てた」との趣旨の話をしたと言う。供述に基づき、愛知県警豊橋署と海上保安庁が、小林大介容疑者が示した付近の海域をこれまで10回以上、潜水して捜索したが、ご遺体は見つかっておらず、引き続き三河湾周辺海域を捜索している。
愛知三河湾父親の死体遺棄事件1.jpg
愛知三河湾父親の死体遺棄事件2.jpg

しかし、捜査関係者によると、自宅や車の捜索などで、小林大介容疑者の話を裏付ける複数の証拠が見つかったため、9日までに逮捕状を取り、愛知県豊橋市内の路上で車に乗っていた所を確保し、逮捕に踏み切った。
知人や付近住民などによると、小林生治さんは不動産業の前は愛知県豊橋市特産の大葉(オオバ)の農園を経営していたが、十数年前に小林大介容疑者が引き継いだ。小林生治さんは農園を譲った後、複数のアパートを経営し、測量設計事務所でも週2、3回働いていたと言う。
愛知三河湾父親の死体遺棄事件2a.jpg
愛知三河湾父親の死体遺棄事件3.jpg






【関連する記事】
posted by かえぴょん at 19:40| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。