2018年01月05日

愛知県大府市の雑木林で首切られた男性変死体、事件の可能性で捜査

5日08時15分頃、愛知県大府市(おおぶし)共和町(キョウワマチ)大廻間(おおはざま)の雑木林で、愛知県名古屋市緑区高根山1丁目の職業不詳・野口正春さん(58)が倒れているのを家族が見つけ、119番通報した。野口正春さんは病院に搬送されたが約2時間後に死亡した。
愛知県大府市雑木林男性殺人事件.jpg

野口正春さんの首に切り傷があり大量に出血している事から、愛知県警東海署は、事件の可能性が高いと見て捜査を始めた。
愛知県警東海署によると、野口正春さんは5日06時00分頃、妻と犬の散歩に出かけ、途中で分かれて妻が先に帰宅した。野口正春さんが出かけたまま帰宅しないのを心配した家族が、周辺を捜した所、自宅から約200メートル離れた雑木林で倒れているのを発見したと言う。野口正春さんの妻は、1匹の犬を連れて先に帰宅したが、もう1匹の犬を連れていた野口正春さんが帰らなかったと言う。
愛知県大府市雑木林男性殺人事件1.jpg

現場周辺からは刃物などは見つかっておらず、愛知県警東海署は、野口正春さんが何者かに襲われた可能性が高いと見て詳しく調べている。
現場は、伊勢湾岸自動車道・名古屋南ジャンクションの南側250メートルの住宅地と畑の間の雑木林。
愛知県大府市雑木林男性殺人事件2.jpg






【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:31| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。