2017年12月29日

群馬県高崎市の雑木林で小学生らが人の頭蓋骨を発見、死後数カ月以上


28日10時05分頃、群馬県高崎市棟高町の三ツ寺公園近くの雑木林で、人の頭蓋骨が見つかったと公園に居た男性から110番通報があった。群馬県警高崎署員が駆け付け、近くを捜索した所、ほぼ全身の骨を発見した。骨の形状から男性と見られ、群馬県警高崎署は、ご遺体の身元や死因の特定を急いでいる。
ご遺体は死後数カ月以上が経過していると言い、身長155〜160センチメートルと推定。紺色の作業着上下、ウインドブレーカーなどを身に着けていた。骨には目立った損傷などは無かったと言う。
雑木林で遊んでいた小学生の男児3人が頭蓋骨を見つけ、公園に居た男性に知らせた。





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:12| Comment(0) | 全国変死事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。