2017年12月26日

東京都大田区の多摩川河川敷で74歳男性の変死体…事件と事故で捜査


東京大田区多摩川河川敷に高齢男性変死体.jpg

25日08時25分頃、東京都大田区本羽田(ほんはねだ)1丁目の多摩川河川敷で、「頭から出血した男性が倒れている」と、通行人から110番通報があった。
警視庁蒲田署によると、男性はコメカミから血を流して仰向けで倒れており、病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。その後の捜査で、男性は近くに住むアルバイトの倉科正輝(まさてる)さん(74)と判明した。一緒に暮らす娘から「父親が帰ってこない」と、交番に届けがあり、身元の判明に至ったと言う。
東京大田区多摩川河川敷に高齢男性変死体2.jpg
東京大田区多摩川河川敷に高齢男性変死体3.jpg

倉科正輝さんは発見された時、普段着姿で着衣に乱れはなく、サンダルを履き、頭部以外に外傷は無かったと言う事です。また財布などの所持品は見つかっておらず、警視庁蒲田署は事件と事故の両面で調べている。
現場は、京急蒲田駅の南約2キロメートルの多摩川大師橋緑地にある河川敷広場。
東京大田区多摩川河川敷に高齢男性変死体1.jpg






【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:32| Comment(0) | 全国変死事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。