2017年12月19日

法務省、2人の死刑執行〜千葉県市川市一家4人殺害、群馬県安中市親子3人殺害


日テレ鈴木美穂アナウンサー_2人死刑執行.jpg

法務省は19日、死刑囚2人の死刑を執行した。1992年(平成4年)に千葉県市川市で会社役員一家4人を殺害したなどとして、強盗殺人罪などで死刑が確定した、事件当時19歳の関光彦(てるひこ)死刑囚(44)の死刑を執行したと発表した。また、群馬県安中市で1994年(平成6年)に親子3人が殺害された事件で、殺人罪などで死刑が確定した松井喜代司死刑囚(69)の死刑も執行された。
日テレ鈴木美穂アナウンサー_2人死刑執行1.jpg

◆事件当時少年だった死刑囚の執行は、1997年(平成9)年8月に執行された、4人を射殺した永山則夫元死刑囚以来となる。


日テレ鈴木美穂アナウンサー_2人死刑執行3.jpg
日テレ鈴木美穂アナウンサー_2人死刑執行3a.jpg
【1】確定判決によると、関光彦死刑囚(44←犯行当時19)は1992年(平成4年)3月5日、暴力団関係者から要求された金を工面するため、千葉県市川市幸(さいわい)2丁目のマンションの会社役員の男性(当時42)宅に押し入り、役員の母親(当時83)を絞殺。その後帰宅した妻(当時36)と男性役員を包丁で刺殺して現金や預金通帳を奪い、翌日には泣き出した次女(当時4)も殺害するなどした。
上告審で弁護側は、「少年の矯正を目的とする少年法の精神を考えると、量刑は重い」と主張したが、最高裁判所は2001年12月、「4人の生命を奪った結果が極めて重大で、犯行も冷酷、残虐。家族を一挙に失った被害者(当時15の長女)の感情も非常に厳しく、死刑はやむを得ない」として1審、2審の死刑判決を支持し、上告を棄却した。

日テレ鈴木美穂アナウンサー_2人死刑執行2.jpg
日テレ鈴木美穂アナウンサー_2人死刑執行2a.jpg
【2】松井喜代司死刑囚(69←犯行当時46)は1994年(平成6年)2月、結婚を約束し、借金などを肩代わりしていた群馬県安中市の交際女性(当時42)に結婚の意思が無いことが分かり、女性をハンマーで殴り殺し、女性の両親も結婚に反対したと思い込んで殺害。更に女性の妹やその長女も殺そうとしたとして、殺人罪などに問われた。1999年(平成11年)、最高裁判所で死刑判決が確定していた。

上川陽子法相は 「鏡を磨いて磨いていく、そういう心構えで、慎重に慎重な検討を加えたうえで、死刑の執行を命令した」と述べた。
2人は再審を請求している段階で、再審請求中の死刑執行は異例と報道。
この死刑囚が再審を請求していた事に関連し、前任の金田勝年法務大臣は「一般論として、再審請求の手続き中は全て死刑の執行命令を発しないとなれば、請求を繰り返す限り、永久に刑の執行をなしえないことになり、刑事裁判の実現を期することは不可能となる。再審請求中であったとしても、当然に棄却されることを予想せざるをえないような場合は、死刑の執行を命ずることもやむをえない」と、述べている。

死刑が執行されるのは、2017年7月14日以来、5カ月ぶり。これにより、収容されている確定死刑囚は122人となった。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 15:28| Comment(0) | 凶悪残虐事件の終幕切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]