2017年11月09日

長野県坂城町の農業用水路で男性遺体…知人の男ら4人を死体遺棄容疑で逮捕


長野県坂城町の用水路男性死体遺棄事件.jpg

今年6月、長野県埴科郡(ハニシナグン)坂城町(さかきまち)坂城の農業用水路で 長野県長野市檀田(まゆみだ)2丁目の建設作業員・西沢徳昭(のりあき)さん(当時24)のご遺体が見つかった事件で、長野県警は8日、西沢徳昭さんの知人の少年ら男4人を死体遺棄容疑で逮捕した。
死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、長野県長野市富竹の会社員・前沢秀太朗容疑者(20=窃盗罪などで公判中)と、前沢(まえざわ)秀太朗容疑者の双子の弟・前沢光司朗容疑者(20)、そして、事件当時は未成年で以前、長野県長野市に住んでいた男(20)と少年(18)の計4人。
長野県坂城町の用水路男性死体遺棄事件1.jpg
長野県坂城町の用水路男性死体遺棄事件2.jpg

逮捕容疑は、今年3月5日未明、長野県坂城町(さかきまち)坂城の農業用水路に、西沢徳昭さんのご遺体を遺棄した疑い。長野県警は捜査に支障があるとして4人の認否を明らかにしていない。
捜査関係者によると、4人のうち1人が西沢徳昭さんが3月に行方不明になる直前まで、西沢徳昭さんと同居していた。
当時未成年で現在20歳の男と、双子の前沢秀太朗容疑者と前沢光司朗容疑者は、4月に食品会社の事務所に侵入し、タバコなどを盗んだとして窃盗罪などで起訴され公判中で、18歳の少年は窃盗などの疑いで逮捕され、少年院に送致された。
長野県坂城町の用水路男性死体遺棄事件3.jpg
長野県警によると、西沢徳昭さんのご遺体が発見された時、下半身の下着だけ身に着けた状態で、死後数カ月と見られ、目立った外傷は無く、司法解剖では死因を特定できなかった。
また捜査関係者などによると、西沢徳昭さんの衣服や財布などが入ったカバンが3月中旬に、長野県長野市内の神社で見つかり、一部に血液と見られる痕もあった。ご遺体が見つかった用水路は、池から田んぼに水を入れるための農業用水路で、ご遺体の発見は水門を開放した後だった。

長野県坂城町の用水路男性死体遺棄事件4.jpg
長野県警は、4人が西沢徳昭さんが死亡した経緯についても事情を知っている可能性があると見て、死亡した経緯についても事情を聴く方針で、殺人の疑いも視野に調べている。
現場の長野県埴科郡坂城町(さかきまち)坂城は、千曲川沿いに走る、しなの鉄道坂城駅の西側に広がる周囲を山に囲まれた地域。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:38| Comment(0) | 凶悪殺戮‥甲信越編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]