2017年11月01日

東京都江東区の道路脇に女性の絞殺遺体…殺人・死体遺棄事件で捜査


東京都江東区路上脇女性殺人死体遺棄.jpg
1日深夜02時30分頃、東京都江東区新木場4丁目の道路脇で、「人が倒れている」と近くの会社の男性従業員から110番通報があった。女性は既に死亡しており、首を強く絞められた様な痕があった事などから、警視庁捜査1課は殺人・死体遺棄容疑で捜査を始めた。
警視庁捜査1課によると、女性は東京都大田区大森西5丁目の職業不詳、太田智子さん(47)。
東京都江東区路上脇女性殺人死体遺棄1.jpg
東京都江東区路上脇女性殺人死体遺棄0.jpg
東京都江東区路上脇女性殺人死体遺棄2.jpg

黒のジャンパーに赤いワンピース姿で、横向きに倒れており、首以外に目立った外傷は無く、着衣に乱れは無かった。財布や携帯電話などの所持品は見つかっていない。10月31日23時00分頃の時点では、現場にご遺体は無かったと見られると言う。今後、司法解剖して詳しい死因を調べると共に、太田智子さんの足取りなどを捜査する。
東京都江東区路上脇女性殺人死体遺棄3.jpg

現場はJR新木場駅から東に約1キロメートルの路上脇。周囲は工場地帯で、倉庫やコンテナなどが立ち並んでおり、関係者以外、立ち入る人が少ない場所だと言う。近くには警視庁術科センターなどがある。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:11| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。