2017年10月28日

兵庫県伊丹市下河原の河川敷で男性遺体、事件か自殺か

兵庫県伊丹市下河原の猪名川左岸河川敷で男性遺体.jpg

27日10時50分頃、兵庫県伊丹市下河原(しもがわら)の猪名川(いながわ)左岸河川敷で、男性が仰向けに倒れているのを、環境調査をしていた会社員の男性(40)が見つけ119番した。兵庫県警伊丹署などが調べた所、男性は既に死亡しており、腹部に刃物によると見られる傷があったと言う。兵庫県警伊丹署が事件と自殺の両面で調べている。
兵庫県警伊丹署によると、男性は50代ぐらい。腹部の傷は2カ所で、いずれも左右に12センチメートルほど切れていた。また首や左手首の10カ所以上に約6〜10センチメートルの切り傷があった。男性の左手の直ぐ近くに血のついた包丁が落ちていたと言う。
男性は白い長袖Tシャツと黒い長ズボン、靴下を履き、ショルダーバッグを枕にしたような状態で倒れていた。男性の物と見られる靴が近くにあったと言う。
現場はJR西日本・福知山線の北伊丹駅の南東約500メートルで、猪名川に架かる軍行橋のすぐ南側。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:46| Comment(0) | 全国変死事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。