2017年10月28日

愛知県豊橋市の住宅で母親の遺体放置…64歳男を死体遺棄容疑で逮捕


愛知県豊田市で高齢母親死体放置.jpg
愛知県警豊橋署は27日、愛知県豊橋市牟呂町(むろちょう)の住宅で高齢女性のご遺体を放置したとして、住人で無職の牧野章吾容疑者(64)を死体遺棄容疑で逮捕した。愛知県警豊橋署によると、牧野章吾容疑者は10月中旬、女性が自宅の居間のコタツに下半身を入れ、亡くなっているのを発見したにも関わらず、そのまま放置した疑いがある。女性は牧野章吾容疑者と同居していた母親の無職・牧野みち子さん(85)と見て、身元確認を進めると共に死亡の経緯について調べています。
愛知県豊田市で高齢母親死体放置1.jpg
愛知県豊田市で高齢母親死体放置3.jpg


愛知県豊田市で高齢母親死体放置2.jpg

調べに対し牧野章吾容疑者は、「どうしたらいいのか分からなかった」と話し、容疑を認めている。
愛知県警豊橋署によると牧野章吾容疑者は母親の牧野みち子さんと2人暮らし。
愛知県豊橋市職員が26日16時20分頃、区画整理の話をする為、住宅を訪ねた際、牧野章吾容疑者の言動に不審な所があり、「(母親は)2週間ほど前に死亡した」と話した為、愛知県警豊橋署に通報した。署員が駆け付けると、居間のコタツでご遺体が見つかった。





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 00:26| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。