2017年10月17日

栃木県大田原市で病気の61歳妻殺害…末期がんの72歳夫を殺人容疑で逮捕


栃木県大田原市妻殺害事件.jpg

栃木県警大田原署は16日、自宅で病気の妻の首を刃物で刺して殺したとして、栃木県大田原市小滝(こだき)の無職・熊田正男容疑者(72)を殺人容疑で逮捕した。栃木県警大田原署によると、熊田正男容疑者は「間違いない」と、容疑を認め、病気の2人の将来を悲観したと言う趣旨の話をしていると言う。
逮捕容疑は、16日未明、自宅で妻の無職、熊田雅子さん(61)の首を鋭利な刃物で切り付けて殺害したとしている。
栃木県大田原市妻殺害事件1.jpg


栃木県大田原市妻殺害事件2.jpg
栃木県警大田原署と栃木県警捜査1課などによると、16日朝、熊田正男容疑者は、「妻を殺してしまった」と親類に電話し、話を聞いた別の親類の男性が夫婦宅を訪れ、血を流している熊田雅子さんを発見、16日08時00分頃に110番通報した。駆け付けた栃木県警大田原署員が血を流して倒れている雅子さんを発見した。熊田正男容疑者も現場に残っていた。
栃木県大田原市妻殺害事件3.jpg
栃木県大田原市妻殺害事件4.jpg

熊田正男容疑者は妻の熊田雅子さんと2人暮らし。熊田雅子さんは病気のため身体が不自由で、熊田正男容疑者が「要支援」状態の妻の世話をしていた。熊田正男容疑者も末期の大腸がんを患っており、栃木県警大田原署の調べに対し、「夫婦の行く末を案じた」と話し、そのために熊田雅子さんを刺したと言う趣旨の供述をしていると言う。
近くに住む60代女性は「(熊田容疑者は)4年ほど前に大腸がんで手術していた。今年は田んぼをやめて、最近2人を見ていなかった」と話した。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 22:50| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。