2017年10月17日

【掘起】神奈川県藤沢市の山林に組員の死体遺棄…服役中の42歳暴力団幹部逮捕


神奈川県藤沢市の山林暴力団組員死体遺棄.jpg
神奈川県警暴力団対策課は12日、平成27年(2015年)1月、神奈川県藤沢市用田(ようだ)の山林に暴力団組員のご遺体を埋めたとして、東京都豊島区東池袋の指定暴力団住吉会系組幹部、瀬川哲容疑者(42)を死体遺棄容疑で逮捕した。神奈川県警は瀬川哲容疑者の認否を明らかにしていません。
逮捕容疑は、平成27年1月11日頃、神奈川県藤沢市用田の山林で、複数人で共謀し同じ組の山田正幸組員(当時45)のご遺体を地中に埋めたとしている。
神奈川県藤沢市の山林暴力団組員死体遺棄1.jpg
神奈川県藤沢市の山林暴力団組員死体遺棄2.jpg

神奈川県警暴力団対策課によると、昨年12月、「藤沢市内の山林に死体が埋められている」などとの情報提供があり、今年8月に山林周辺を捜索した所、ご遺体を発見。一部が白骨化していたが、目立った外傷は無かった。ご遺体は服を着た状態で、司法解剖の結果、死因は分かっておらず、神奈川県警暴力団対策課が、山田正幸組員が死亡した経緯などを詳しく調べています。

神奈川県藤沢市の山林暴力団組員死体遺棄3.jpg
神奈川県藤沢市の山林暴力団組員死体遺棄4.jpg
その後の捜査で、山田正幸組員は平成27年(2015年)年1月5日に、現金自動預払機(ATM)で現金を引き出してから行方不明となっている事が分かった。
瀬川哲容疑者は、別の覚せい剤取締法違反事件で有罪判決を受け、服役していますが、神奈川県警暴力団対策課の調べで瀬川哲容疑者の関与が浮上した。神奈川県警暴力団対策課は、瀬川哲容疑者と山田正幸組員との間に何らかのトラブルがあったと見て、事件の経緯を調べている。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 00:46| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。