2017年09月26日

新宿区歌舞伎町“職質”逃れ知人を車で轢き死亡させる…35歳男を殺人容疑で逮捕


東京都歌舞伎町の車急発進死亡で殺人で逮捕.jpg

先月19日、東京都新宿区歌舞伎町2丁目のコインパーキングで、警察官から職務質問を受けた男が車を急発進させ、知人の男性を車で撥(ハ)ね、男性がその後、死亡した事件で、警視庁新宿署は9月21日、男を殺人の疑いで(再)逮捕しました。
この事件は、8月19日早朝04時30分頃、埼玉県さいたま市北区東大成町(ひがしおおなりちょう)1丁目の自営業・西原亨(とおる)容疑者(35)が、東京都新宿区歌舞伎町2丁目のコインパーキングで、警察官に職務質問された際、逃走しようと乗用車を急発進させ、一緒にいた知人の秋元大介さん(37)を撥ねたもので、秋元大介さんは病院に搬送されましたが、約1時間20分後に死亡しました。
東京都歌舞伎町の車急発進死亡で殺人で逮捕1.jpg
東京都歌舞伎町の車急発進死亡で殺人で逮捕2.jpg

東京都歌舞伎町の車急発進死亡で殺人で逮捕3.jpg
西原亨容疑者は、秋元大介さんを撥ねたあと、警察官に制止を求められたにも関わらず、秋元大介さんを巻き込んで約20メートルに渡って引きずった。その際、警察官も引きずられたが、開いているドアからエンジンを止めるボタンを押したと言う。秋元大介さんは、車の前に立っていたと言う。警視庁新宿署は、西原亨容疑者を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。
西原亨容疑者と秋元大介さんが、コインパーキングに2人でいるのを不審に思った警察官3名が職務質問をしていた。
東京都歌舞伎町の車急発進死亡で殺人で逮捕4.jpg
東京都歌舞伎町の車急発進死亡で殺人で逮捕5.jpg

警視庁新宿署は、西原亨容疑者に殺意があったと判断、殺人の疑いで逮捕しました。西原亨容疑者は調べに対し、「ひき殺そうとしたつもりは無かった」と、容疑を一部否認していると言う。
西原亨容疑者の尿からは覚醒剤の陽性反応が出ており、既に、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、起訴されていた。警視庁新宿署は、覚醒剤の発覚を恐れて逃げようとしたと見て調べている。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 18:00| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。