2017年09月25日

警視庁板橋警察署の留置場で勾留中の46歳男性暴行死…同部屋の32歳男逮捕

【掘り起こし・容赦ない残忍】

板橋警察署の留置施設男性暴行死.jpg
東京都板橋区板橋2丁目の警視庁板橋警察署の留置施設で、今月4日13時30分頃、傷害容疑で勾留中の32歳の男が、同じ部屋にいた46歳の男性の顔を数回、踏み付けるなどの暴行を加え、重傷を負わせた疑いで現行犯逮捕されました。46歳の男性は病院に搬送されましたが、約1時間後に死亡しました。

警視庁板橋警察署によりますと、32歳の男は先月20日逮捕され、鑑定留置中でした。
犯行当時、この部屋には2人しかいなかったと言う事で、取り調べに対し、男は容疑を認めていますが、動機については「自分がどのように殴ったり蹴ったりしたか覚えていません」と、供述していると言う事です。
警視庁板橋警察署は、男の刑事責任能力の有無も含め、慎重に調べています。






【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:26| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]