2017年09月19日

【続報】千葉県市川市の施設入居者死亡…施設管理の55歳女を傷害致死と暴行容疑で逮捕


千葉県市川市女性福祉施設暴行死で女逮捕.jpg
8月28日、千葉県市川市北方町(ぼっけまち)4丁目2171番の女性向け生計困難者の無料・低額宿泊施設「さくらグリーンハウス市川」で、入所者の川久保儀子(のりこ)さん(当時84)を暴行して死なせたとして19日、千葉県警市川署が施設を管理するNPO法人「さくら福祉推進協会」の職員で、千葉県市川市北方町の生田玲子容疑者(55)を、傷害致死と暴行容疑で逮捕した。
千葉県市川市女性福祉施設暴行死で女逮捕1.jpg

捜査関係者によると、生田玲子容疑者は先月、暴行の事実を言わないように別の入居者を脅迫した疑いで逮捕されており、千葉県警市川署は他にも関与した人物がいないか慎重に捜査する。
生田玲子容疑者は8月28日、入所者の川久保儀子さんに暴行を加え、死なせた疑いが持たれている。顔などに複数のアザがあり、千葉県警市川署が司法解剖したが、死因は不詳だった。

千葉県市川市低額宿泊施設女性変死事件.jpg
施設を運営するNPO法人「さくら福祉推進協会」(東京)によると、この施設は生活に困窮した女性向けの無料・低額宿泊所で、事件当時は18部屋に10〜80代の女性18人が居住。職員が同居し、生活や就労の相談に応じている。
千葉県警市川署などによると、他の入所者の女性が8月28日、「川久保さんが女性職員から暴行を受けている」という趣旨の相談で、近くの交番を訪れた為、千葉県警市川署員が施設を訪問。自室で死亡している川久保儀子さんを発見した。
 【加筆】容疑者逮捕で氏名公表されたため追記。21時45分。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 15:33| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。