2017年09月10日

宮崎県宮崎市で食堂店長アイスピックで頭刺され死亡…強盗殺人で捜査


宮崎県宮崎市の食堂店主強盗殺人事件.jpg
9日11時50分頃、宮崎県宮崎市江平東(えはらひがし)1丁目の「江平四ツ目(えはらよつめ)食堂」の厨房で、「店主が倒れている」と、訪れた客から通報があった。倒れていたのは店長の大西達夫さん(65)と見られ、発見時には既に死亡していた。宮崎県警宮崎北署によると、頭にアイスピックが刺さっており、店のレジが開いたままで中身が空だった。
宮崎県宮崎市の食堂店主強盗殺人事件3.jpg

宮崎県宮崎市の食堂店主強盗殺人事件1.jpg

捜査関係者によると、凶器のアイスピックは店にあったもので、大西達夫さんの顔には複数の殴られた痕もあったと言う。宮崎県警宮崎北署は強盗殺人事件として捜査本部を設置した。
宮崎県警宮崎北署によると、男性客が大西達夫さんのご遺体を見つけた時は、入り口は無施錠で、他に客などはいなかった。普段は朝07時00頃から21時00頃まで営業し、定休日は水曜日だったと言う。「江平四ツ目食堂」は、3階建てビルの1階にあり、店長の大西達夫さんは、ビルの住居で1人暮らしをしていたと見られる。店内はテーブルが並びカウンターの奥が厨房になっていると言う。
宮崎県宮崎市の食堂店主強盗殺人事件4.jpg
宮崎県警宮崎北署は、顔見知りの犯行も視野に入れて捜査を進めている。
現場はJR宮崎駅の北西約1.3キロメートルの商店やビルが立ち並ぶ一角で、国道10号に面している。

<<逮捕続報あり>>




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 14:19| Comment(0) | 凶悪残虐事件の終幕切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]