2017年08月27日

神奈川県秦野市で当時4歳男児が暴行虐待死…32歳母と53歳元夫を逮捕


神奈川県秦野市長男暴行虐待死事件.jpg

神奈川県警秦野(はだの)署は26日、2015年(平成27年)、神奈川県秦野市で当時4歳だった長男に暴行を加え死亡させたとして、傷害致死の疑いで母親と元夫を逮捕しました。
逮捕されたのは、神奈川県海老名市の自称・飲食店従業員の今静香容疑者(32)と、元夫で神奈川県秦野市の無職・井上嘉和容疑者(53)です。
神奈川県警秦野署によると、2人は2015年8月23日11時00分頃、神奈川県秦野市内のアパートで、4歳だった息子の井上優斗くんの頭部などに暴行を加え、急性硬膜下血腫などの傷害を負わせ死亡させた疑いが持たれている。井上優斗くんは入院していましたが、去年10月8日未明死亡した。井上優斗くんの死因は、脳に酸素が届かなくなる事による蘇生後脳症と言う事です。
神奈川県秦野市長男暴行虐待死事件1.jpg


神奈川県秦野市長男暴行虐待死事件2.jpg
神奈川県秦野市長男暴行虐待死事件3.jpg
神奈川県警秦野署の調べに今静香容疑者は、「殺したのは元夫です」と話し、井上嘉和容疑者は「知りません」と話して、いずれも容疑を否認していると言う。
当時2人は、神奈川県秦野市内のアパートに知人らと同居していて、事件前、知人の一人が2人に対し「子供を殴ったり蹴ったりするのを止めるよう注意したが、聞いてもらえなかった」と説明している事が、捜査関係者への取材で分かりました。

神奈川県秦野市長男暴行虐待死事件4.jpg
今静香容疑者は、井上優斗くんが搬送された際、病院に「兄妹で戦隊ごっこで遊んでいる時に棒のような物で妹が叩いたらぐったりした」と、話していたと言う。
これまでの調べで、井上優斗くんの全身には多くのアザが残っていて、神奈川県警秦野署は日常的に虐待が繰り返されていた疑いがあると見て、詳しい経緯を捜査している。
(井上嘉和容疑者を知る人)
「気さくな感じだったので、普通に挨拶してくれて、でも常にうるさかったんですよ。ただ普通に歩いてる音じゃなくて、ドンドンドンドンっていうのがあったんですけど」と話す。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:01| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。