2017年08月11日

東京都千代田区のマンションで男性刺殺される…殺人容疑で同居の33歳女逮捕

千代田区神田多町マンション男性殺人事件.jpg
10日深夜00時10分頃、東京都千代田区神田多町2丁目のマンションから女の声で、「早く来て下さい。左胸を刺した」と110番通報があった。警視庁神田署員が駆け付けた所、マンション6階の一室に住む会社員・黒部一正さん(45)が、左胸から血を流して倒れており、病院に搬送されたが約1時間後に死亡が確認された。
千代田区神田多町マンション男性殺人事件1.jpg
千代田区神田多町マンション男性殺人事件2.jpg
警視庁神田署は、その場にいた同居の自営業・大熊成錦(せいきん)容疑者(33)を殺人容疑で逮捕した。大熊成錦容疑者は、「口論になって揉みあい、台所にあった包丁を持って振り回していたら、当たって大ケガをさせてしまった。殺すつもりはなかった」と、容疑を一部否認していると言う。
逮捕容疑は10日未明、包丁で黒部一正さんの胸部を刺して殺害した疑い。
千代田区神田多町マンション男性殺人事件3.jpg

警視庁神田署によると、黒部一正さんには妻がいたが、2年ほど前から大熊成錦容疑者と同居。大熊成錦容疑者は黒部一正さんが妻と旅行に行く事を知り、喧嘩になったなどと説明している。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 14:37| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]