2017年08月08日

埼玉県さいたま市で路上駐車の乗用車トランクから男性変死体…事件と自殺で捜査


さいたま市自動車トランク男性変死体.jpg
6日昼00時15分頃、埼玉県さいたま市西区内野本郷の路上で、駐車されていた乗用車のトランクの中に男性が倒れているのを、埼玉県警大宮西署の署員が発見した。男性は成人と見られ、死後2週間近く経っており、腐敗が進んでいた。
さいたま市自動車トランク男性変死体1.jpg

乗用車が2週間程前から停車していると言う苦情の通報があり、埼玉県警大宮西署の警察官が確認をした所、ご遺体が見つかったと言う。
乗用車の名義人は、埼玉県さいたま市西区在住の男性(59)で、乗用車を所有する男性の親族から、「10日から2週間ほど前から連絡が取れない」と、6日、警察に届け出があったと言う。
さいたま市自動車トランク男性変死体3.jpg
さいたま市自動車トランク男性変死体2.jpg
埼玉県警大宮西署によると、5日18時20分頃、駐車苦情の通報があり、現場に駆け付けた警察官が車内を確認しようとしたが、施錠されていた為、乗用車の名義人となっていた男性の親族を呼び、合鍵でトランクを開けた所、亡くなっている男性を発見した。男性のご遺体に目立った外傷は無いと言う。車内からは自殺を示唆する様なメモも発見された。
埼玉県警大宮西署は身元の確認や死因の特定を急ぐと共に、事件と自殺の両面で調べている。




posted by かえぴょん at 00:41| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い