2017年07月16日

【神戸大量殺戮】神戸市北区5人殺傷事件…竹島叶実容疑者を殺人容疑で再逮捕


神戸市北区大量殺傷テロ事件.jpg
神戸市北区大量殺傷テロ事件0.jpg

16日朝06時20分頃、兵庫県神戸市北区有野町有野の無職・南部達夫(たつお)さん(83)方から、「誰か助けに来てくれ」と、男性の声で110番通報があった。兵庫県警有馬署員が駆けつけた所、住宅で南部達夫さんと妻の南部観雪(みゆき)さん(83)が血を流して倒れており、いずれもその場で死亡が確認された。近所の辻やゑ子(やえこ)さん(79)も自宅の車庫で倒れており、既に死亡していた。
兵庫県警有馬署は、現場近くの神社で、血の付いた包丁と金属バットを持っていた南部達夫さんの孫の、無職・竹島叶実(かなみ)容疑者(26)を発見、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。兵庫県警は、殺人事件として兵庫県警有馬署に捜査本部を設置した。

神戸市北区大量殺傷テロ事件1.jpg
神戸市北区大量殺傷テロ事件2.jpg

現場周辺では他に、竹島叶実容疑者の母親の竹島知子さん(52)が両腕を骨折するなどして大ケガ。他に近くに住む前北操(みさお)さん(65)も頭や顔に切られたような傷があり、病院に搬送されたが、いずれも命に別条は無いと言う。
兵庫県警有馬署によると、南部達夫さんは首や胸を刺されており、妻の南部観雪さんは背中付近に、辻やゑ子さんも首付近にそれぞれ刺し傷があった。
竹島叶実(かなみ)容疑者は容疑を認め、「自宅にあった包丁で、誰でもいいから攻撃してやろう、刺してやろうと思った」などと供述しており、更に詳しく事情を聴いている。
神戸市北区大量殺傷テロ事件4.jpg
神戸市北区大量5人殺傷テロ事件3.jpg

兵庫県警有馬署によると、竹島叶実容疑者の母親の竹島知子さんは、駆け付けた兵庫県警有馬署員に「息子がやった」と話したと言う。
南部達夫さん夫妻と竹島知子さん、竹島叶実容疑者の4人は同居していて、竹島知子さんは「(家族は)折り合いが悪かった」と、話していると言う事です。
近くに住む60代の男性は、竹島叶実容疑者と路上で鉢合わせになったと言う事です。男性は「女性の悲鳴が聞こえたので外に出たら、両手に刃物と金属バットを持った男がいた。走って逃げると追いかけてきたが、警察が来て男を確保した」と話していました。
神戸市北区5人殺傷事件の竹島叶実容疑者.jpg


現場は神戸電鉄三田線岡場駅の南約500メートルの住宅地。
神戸市北区5人殺傷事件.jpg






背筋が凍りつく程、凄惨で残虐で悍(おぞ)ましい事件である。

容疑者の容貌が公開されるや、思い出すのは1984年(昭和59年)に発生した「グリコ・森永事件」の犯人の1人とされる『キツネ目の男』の容貌に似ている事。
「『キツネ目の男』には気をつけろ」と密かに囁かれた事が、鮮明に脳裏に蘇える……


兵庫県での残忍な大量殺人と言えば、未だに記憶に生々しい「兵庫県淡路島・洲本市5人殺害事件」。2015年(平成27年)3月に勃発した大量殺戮事件だ。この時も地元では「こんな長閑な町で…」と囁かれたが、これ以外にも残虐な事件が兵庫県内で多々発生している事への危機感はまるで無い!


83歳と言えば男性では全国平均以上だし、女性では86歳なので、あと少しでご長寿と呼ばれる年齢の祖父母…。逮捕された孫が産まれた26年前に、今回の惨劇の序章が始まっていた事など、想像すら出来なかった事だろう…。
人口550万7747人と全国第7位の人口を抱えている為か、同県内で起こった残虐殺人事件には関心が無いのかもしれないが、傍目から見ていると、戦慄や恐怖心ばかりが溢れ出る――。




posted by かえぴょん at 19:14| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い