2017年07月15日

福岡市南区で4カ月女児踏み付け殺害…22歳母親を殺人容疑で逮捕


福岡市南区女児踏み付け殺害事件.jpg

福岡県警南署は14日、生後4カ月の長女を踏み付けて殺害したとして、母親で福岡県福岡市南区屋形原(やかたばる)3丁目の無職、町野芹菜(せりな)容疑者(22)を殺人容疑で逮捕した。「踏み付けた事は間違いないが、殺すつもりは無かった」と、殺意を否認していると言う。
福岡県警南署によると逮捕容疑は、13日21時30分頃、自宅1階寝室で、長女の町野心美(ここみ)ちゃんの胸付近を複数回踏み付け、心臓破裂で殺害した疑いがある。
福岡市南区女児踏み付け殺害事件1.jpg
福岡市南区女児踏み付け殺害事件4.jpg
町野芹菜容疑者は事件直前、自宅寝室で会社員の夫(48)と町野心美ちゃんの3人で居た。夫が町野心美(ここみ)ちゃんを寝かしつけた後、トイレに行って寝室に戻った時に、町野心美ちゃんがグッタリしていた為、夫が「娘が息をしていない」と、119番通報した。町野心美ちゃんは、約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。
福岡市南区女児踏み付け殺害事件5.jpg
福岡市南区女児踏み付け殺害事件6.jpg

町野芹菜容疑者は逮捕前の任意の調べに「夫と育児や家事などを巡って度々ケンカになり、イライラしてやった」と、供述していたと言う。




posted by かえぴょん at 22:56| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い