2017年07月08日

【不忠勤】埼玉県さいたま市「夫殺した」再三の自首を妄想判断…警視庁捜査せず

本事件は2017年06月16日付けの「埼玉県さいたま市浦和区のマンションに夫遺体遺棄…53歳妻を逮捕」の記事の前日譚(事件発覚までに至る経緯)及び後日譚となります。
http://irresponsibility.seesaa.net/article/450930642.html

さいたま市死体遺棄で女性自首を警視庁うそと誤認.jpg

警視庁は6日、「旦那を殺した」と再三申告して来た女に対し、警視庁の捜査員が適切な捜査をせず、放置していたと明らかにした。女はその後、埼玉県警に死体遺棄容疑で逮捕後、5日付で起訴された。

死体遺棄容疑で起訴されたのは、埼玉県さいたま市浦和区の和久井絹子被告(53)で、警視庁刑事総務課によると、和久井絹子被告は6月9日午後、東京都北区の赤羽駅前交番に、「旦那を殺しちゃった」と申し出ましたが、対応した60代の男性相談員は「赤羽署に行った方が良い」と、警視庁赤羽署へ行くよう促しただけで、事実とは思わずに対応したと言う事です。
和久井絹子被告は約30分後、警視庁赤羽署を訪れ、同じ内容の話をしましたが、警視庁赤羽署で対応した20代の男性巡査部長は、和久井絹子被告の話に一貫性が無い事などから、妄想と判断。上司に報告せず、和久井絹子被告の名前や住所を控える事もなく、そのまま帰宅させたと言う。
さいたま市死体遺棄で女性自首を警視庁うそと誤認2.jpg
さいたま市死体遺棄で女性自首を警視庁うそと誤認3.jpg
さいたま市死体遺棄で女性自首を警視庁うそと誤認4.jpg

和久井絹子被告は、翌10日深夜01時15分頃、同じ赤羽駅前交番に出向きましたが、この際も、当直の署員が事実確認を怠って帰宅させていたと言う事です。
そして翌11日、和久井絹子被告が持病の治療のために訪れた、東京都北区の病院で同様の説明をした為、病院職員が110番通報しました。
さいたま市死体遺棄で女性自首を警視庁うそと誤認5.jpg

警視庁を通じて連絡を受けた埼玉県警が、埼玉県さいたま市浦和区の自宅マンションで和久井絹子被告の夫・和久井利夫さん(70)のご遺体を発見、事件が発覚しました。埼玉県警は15日、和久井絹子被告を死体遺棄容疑で逮捕しました。
警視庁は「職員に対する指導・教養を徹底していく」とコメントしています。
さいたま市死体遺棄で女性自首を警視庁うそと誤認1.jpg
さいたま市死体遺棄で女性自首を警視庁うそと誤認6.jpg





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 14:59| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い