2017年07月08日

東京都杉並区の住宅浴槽に手首縛られた男性変死体…事件と自殺で捜査


東京都杉並区浴室男性変死事件.jpg
7日早朝05時00分過ぎ、東京都杉並区清水1丁目の住宅で「風呂場で父が亡くなっている」と、息子から110番通報があった。警察官が駆けつけると、この家に住む82歳の父親が、風呂場で手首を縛られ心肺停止の状態で見つかり、病院に搬送されましたが、約1時間後に死亡が確認された。警視庁荻窪署は事件と自殺の両面で捜査しています。
東京都杉並区浴室男性変死事件2.jpg
東京都杉並区浴室男性変死事件3.jpg

警視庁荻窪署によると、父親を発見したのは同居の妻で、父親は住宅の水を張った浴槽の中に倒れていた。父親に目立った外傷は無く、両手首をタオルで巻かれていて、衣服を着た状態で、両手首は身体の前方で縛られていたと言う。父親は現場の住宅で、妻や息子らと暮らしていました。
東京都杉並区浴室男性変死事件4.jpg





posted by かえぴょん at 13:52| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い