2017年07月06日

兵庫県川西市で74歳母に暴行虐待…息子夫婦を逮捕…その後母は衰弱死


兵庫県川西市母親暴行死で息子夫婦逮捕.jpg

同居する母親の腕や足をライターであぶるなど虐待を繰り返したとして、兵庫県警川西署は5日、いずれも兵庫県川西市東畦野(ひがしうねの)4丁目の、無職で長男の村上肇容疑者(51)と妻の村上美智子容疑者(30)を傷害の疑いで逮捕した。2人とも容疑を否認していると言う。
兵庫県川西市母親暴行死で息子夫婦逮捕1.jpg
兵庫県川西市母親暴行死で息子夫婦逮捕2.jpg
兵庫県警川西署によると、村上肇容疑者と村上美智子容疑者は4月上旬〜5月2日頃の間、自宅で母親の竹田冨士江さん(74)の上半身を殴った上、ライターやタバコの火で、腕や足を焼き、肋骨骨折や火傷など全治3カ月の重傷を負わせた疑いがある。
兵庫県警川西署によると竹田冨士江さんが自傷行為を図るなどした為、川西市が職員を訪問させていた。

兵庫県川西市母親暴行死で息子夫婦逮捕4.jpg
兵庫県川西市母親暴行死で息子夫婦逮捕5.jpg
5月2日に家を訪ねて来たケースワーカーが、衰弱している竹田冨士江さんに気づき、119番通報した。竹田冨士江さんは翌日、搬送先の病院で脱水症状の為、死亡したと言う。兵庫県警川西署はその後、兵庫県川西市側から「虐待の疑いがある」との連絡を受け、捜査していた。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:27| Comment(0) | 凶悪殺戮‥近畿編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]