2017年07月05日

東京都目黒区で2カ月女児が成人用降圧剤で中毒死…23歳母親を殺人容疑で逮捕


目黒区乳児殺害で田畑幸香容疑者.jpg

東京都目黒区八雲1丁目で昨年12月、生後2カ月の長女に成人用の降圧剤(血圧降下剤)などの薬剤を飲ませて殺害したとして、警視庁捜査1課は4日、長女の母親で東京都目黒区八雲1丁目の無職、田畑幸香(さちか)容疑者(23)を殺人容疑で逮捕した。長女のミルクに薬を入れて飲ませた疑いがあり、警視庁捜査1課は動機や経緯を捜査している。
目黒区乳児殺害で田畑幸香容疑者1.jpg


目黒区乳児殺害で田畑幸香容疑者2.jpg
逮捕容疑は昨年12月29日頃、自宅で生後2か月の長女、田畑織音(しおん)ちゃんに、いずれも劇薬指定され、降圧剤に使われている「アムロジピン」や、糖尿病治療に使用される「メトホルミン」を含んだ薬を田畑織音ちゃんに投与し、中毒死させたとしている。同居している田畑幸香容疑者の父親が29日夜、田畑織音ちゃんが息をしていないのに気づき、119番通報した。田畑織音ちゃんは病院に搬送されたが、間もなく死亡した。
警視庁捜査1課はミルクに混ぜて摂取させたと見ているが、田畑幸香(さちか)容疑者は、「哺乳瓶に錠剤を入れた事はありません」と、容疑を否認していると言う。

捜査関係者によると、田畑織音ちゃんのご遺体に目立った外傷が無いなど不審な点があった為、ご遺族の承諾が無くても警察署長の判断で出来る、『新法解剖』を実施。細胞を検査した所、胃や血液から2種類の薬剤成分が検出された。司法解剖に切り替えて更に調べた結果、薬の摂取と死亡に因果関係がある事が判明したと言う。
目黒区乳児殺害で田畑幸香容疑者3.jpg

その後の捜査で、体内から検出された成分が、田畑幸香容疑者の母親が約10年前から、持病の治療で服用している降圧剤の錠剤と同成分で、糖尿病の薬も重症患者用の薬で、一致した。田畑織音ちゃんは、当時ミルクしか飲んでおらず、田畑幸香容疑者がミルクを与えていた事から、田畑幸香容疑者がミルクに薬を混ぜたと見て捜査していた。
田畑幸香容疑者は、長女・田畑織音ちゃん、両親らと5人暮らし。近所の花屋の50代男性は昨年末、田畑幸香容疑者から「赤ちゃんが亡くなった」と聞かされた。男性は白い菊とユリの花を贈った所、涙を流していたと言う。

【「新法解剖」で検出】
今回の事件は女児のご遺体に目立つ外傷は無く、事件性を明確にうかがわせる物は無かったが、2013年4月に施行された「死因・身元調査法に基づく『新法解剖』」によって体内から薬物を検出した。新しい制度が潜在化した事件性を浮かび上がらせた形となった。
新法解剖は、司法解剖せず病死と判断されたものの、その後に事件になった「大相撲時津風部屋の力士暴行死事件」などを教訓に、制度化された。
事件性が明確でない「グレー」なご遺体については、ご遺族の承諾を得なくても警察署長の判断で実施できるようになった。
警察庁によると、2014〜2016年に全国で実施された新法解剖は6921件。大半に事件性は無く、今回のように司法解剖に切り替えたのは7件だった。警視庁幹部は「事件の見逃しを防ぐ為にも新法解剖が実施される意義は大きい」と語る。

目黒区乳児殺害で田畑幸香容疑者4.jpg

更に、殺人容疑で逮捕された母親の田畑幸香容疑者(23)が、死亡した長女について、実子に関わらず「施設から預かった」と、近所の人に嘘の説明をしていた事が4日、分かった。
警視庁捜査1課は田畑幸香容疑者が、育児に積極的では無く、出産を知られたくなかったと見て捜査を進めている。
近所にある花店の男性店主(50)によると、田畑幸香容疑者は昨年12月初旬頃、「明日、赤ちゃんが来る」と説明。「施設から『未熟児の赤ちゃんがいて、体が弱くもう命が長くない。田畑さん宅で見てもらえないか』と頼まれた」と話したという。
警視庁捜査1課によると、長女の田畑織音(しおん)ちゃんは低体重で生まれ入院していたが、健康状態に問題は無かったと言う。退院から約1週間後の昨年12月29日に自宅で息をしていないのが見つかり、同居する田畑幸香容疑者の父親が119番通報した。
田畑幸香容疑者は、哺乳瓶でミルクを与えていたが、そのやり方について母親から厳しく注意をされていたと言う。




posted by かえぴょん at 17:40| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い