2017年07月02日

千葉市中央区で格闘家に蹴られた男性死亡…29歳男を傷害致死容疑で逮捕


千葉市中央区格闘家による暴行致死1.jpg
6月30日、千葉県千葉市中央区3丁目の自宅マンション入口で、知人のプロ格闘家に顔を蹴られ、男性が意識不明の重体となっていた事件で、千葉県警千葉中央署は1日、男性が16時10分頃、搬送先の病院で死亡したと発表した。
この事件は6月30日、千葉県千葉市中央区3丁目に住むジムトレーナー、山本勇気容疑者(29)が、千葉県千葉市中央区星久喜町(ほしぐきちょう)の飲食店従業員、長沢飛さん(23)を自宅のマンションに呼び出し、顔を蹴ったあと突き飛ばして転倒させ大ケガをさせたとして、傷害の疑いで現行犯逮捕されたものです。長沢飛さんは壁に頭をぶつけ、くも膜下出血で意識不明の重体となっていました。
千葉県警千葉中央署は、今後、容疑を傷害致死に切り替えて捜査する。

千葉市中央区格闘家による暴行致死2.jpg
千葉市中央区格闘家による暴行致死4.jpg
千葉市中央区格闘家による暴行致死5.jpg

逮捕容疑は6日30日深夜02時30分頃、千葉県千葉市中央区3丁目の自宅マンション1階入口で、長沢飛さんの顔を左足で1回蹴り、手で上半身を押すなどの暴行を加えて大ケガを負わせた疑い。
千葉県警千葉中央署によると、長沢飛さんの飲食店で山本勇気容疑者の交際相手の女性が働いており、女性が酒に酔って帰宅した事から、呼び出して口論になったと言う。山本勇気容疑者は「(長沢飛さんに)彼女には酒を控えさせてくれと頼んでいた。文句を言っているうちに嘘をついたので、カッとなって蹴った」と、容疑を認めていると言う。
千葉市中央区格闘家による暴行致死7.jpg
千葉市中央区格闘家による暴行致死6.jpg
千葉県千葉市内にある所属ジムのホームページによると、山本勇気容疑者はプロ格闘家として活動中。2014年には、アントニオ猪木氏が設立した格闘技イベントの企画会社が運営する「INOKI BOM-BA-YE」に出場したと言う。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:07| Comment(0) | 凶悪殺戮事件簿--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い