2017年06月16日

埼玉県さいたま市浦和区のマンションに夫遺体遺棄…53歳妻を逮捕


埼玉県浦和区で夫遺体放置_妻が撲殺したか.jpg
6月11日19時40分頃、埼玉県さいたま市浦和区常盤10丁目のマンション2階の一室で、この部屋に住む無職の和久井利夫さん(70)が死亡しているのを、病院からの通報で駆け付けた埼玉県警浦和署員が発見した。
埼玉県警浦和署によると、和久井利夫さんは妻との2人暮らしで、入院中の妻、和久井絹子容疑者(53)が病院関係者に、「主人が自宅で亡くなった」と話し、11日19時00分頃、病院関係者が110番した。
和久井利夫さんは下着姿で、死後数日以上が経過していると見られる。玄関は施錠され、外部から侵入されたような形跡は無かったと言う。
埼玉県浦和区で夫遺体放置_妻が撲殺したか1.jpg

埼玉県警捜査1課と埼玉県警浦和署の合同捜査班は15日、死体遺棄の疑いで妻の和久井絹子容疑者を逮捕した。調べに対し和久井絹子容疑者は、「不安で怖くなって逃げた。葬儀をするお金が無かった」などと、容疑を認めている。
埼玉県警浦和署によると、ご遺体には毛布が掛けられ、床に寝かせられていた。また、その後の司法解剖の結果、和久井利夫さんの頭や腹など上半身には、複数の打撲痕があり、骨折もしていました。和久井絹子容疑者は「自分が叩いた」と、話している事から、埼玉県警浦和署は殺人事件も視野に捜査を進めています。
和久井絹子容疑者は11日から15日まで入院していた。




posted by かえぴょん at 19:32| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い