2017年06月07日

福岡県小郡市母子3人惨殺事件…心中から一転偽装殺人で捜査


福岡県小郡市親子3人惨殺事件.jpg
6日09時10分頃、福岡県小郡市(おごおりし)小板井の住宅で、38歳の母親と小学生の長男と長女の親子3人が死亡しているのが見つかった事件で、福岡県警小郡署は7日、当初、母親による無理心中と見られていたが、一転して何者かが3人を殺害した殺人事件と断定し、福岡県警小郡署に捜査本部を設置し、捜査を始めた。
無理心中ではなく、殺人事件だった――。

福岡県小郡市親子3人惨殺事件0.jpg
ご遺体で見つかったのは、母親の中田由紀子さん(38)と小学4年生の長男・中田涼介君(9)、小学1年生の長女・中田実優さん(6)の3人。
福岡県警小郡署は当初、中田由紀子さんに目立った外傷が無く、中田涼介君と中田実優さんの首に紐で絞められたような痕があった事などから、中田由紀子さんが無理心中を図ったと見ていた。しかし、司法解剖の結果、中田由紀子さんの死因が首を絞められた事による窒息死と判明。3人が殺害されたと判断した。
福岡県小郡市親子3人惨殺事件1.jpg
福岡県小郡市親子3人惨殺事件2.jpg

中田由紀子さんは6日深夜00時00分から同日09時00分頃までの間に、死亡したと見られると言う。一家は夫婦と子供2人の4人暮らしで、夫は福岡県警の警察官。夫が6日朝08時40分頃、学校から「子供たちが登校していない」と、連絡を受けた。中田由紀子さんの姉が家を訪ね3人を発見、110番通報した。その際、玄関の鍵は掛かっておらず、中田由紀子さんは1階の台所で仰向けに倒れ、中田涼介君と中田実優さんは2階の寝室で、布団の上にうつ伏せの状態だった。台所には、練炭のような物が置かれていた。室内に荒らされた痕跡は無かったと言う。
姉らは遺体発見時、警察に「(由紀子さんが)育児で悩んでいた」などと話していたと言う。
死亡した中田由紀子さん(38)、中田涼介君(9)、中田実優さん(6)の自宅は、福岡県小郡市の中心部の住宅街にある。
福岡県小郡市親子3人惨殺事件3.jpg

殺人事件の報に、近所の人達に衝撃が広がった。
近くに住む江上勲さん(69)は事件が発覚した6日早朝、犬の散歩の際に中田さんの自宅前を通ったが、「特に変わった様子は無かった」。母親が、登校する子供2人を玄関で見送る姿を良く見かけていたと言う。
「ちゃんとお子さんに気を配っている、明るい感じのお母さんに思えた」と振り返る。
近くに住む女性(78)によると、中田さん一家は数年前に引っ越して来た。「自宅の庭のサクランボを奥さんとお子さんが取りに来た事がある。仲が良さそうだった」と話した。

2人が通う小学校では7日朝、学校の教職員や小郡市教育委員会の職員が緊張した面持ちで正門や裏門前に立って見守る中、児童が保護者らに付き添われて登校した。車で送る保護者も多く、車が頻繁に正門を出入りしていた。別れ際に「帰りも迎えに来るからね」などと声を掛けたり、親子で抱き合ったりする姿が見られた。
現場は西鉄小郡駅から東に約400メートル。住宅や商業施設が並んでいる地域。




posted by かえぴょん at 21:50| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--西南日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い