2017年05月27日

【滑稽嘲笑】高1少女を承諾殺人で送致…福岡県苅田町の高校1年男子殺人事件

承諾殺人罪……被殺者(相手方)の嘱託を受け(自由かつ真実な意思に基づく)若しくは承諾を得てこれを殺害する事によって成立する犯罪(嘱託殺人罪,承諾殺人罪)を定める(刑法第202条後段)。刑は6ヵ月以上7年以下の懲役または禁錮に処する。
殺人罪……人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する(刑法第199条)。
殺人未遂罪……第199条及び前条の罪の未遂は、罰する(刑法第203条)。死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。


福岡県苅田町少年刺殺で少女殺人容疑で逮捕.jpg

2017年3月1日、福岡県京都郡(みやこぐん)苅田町(かんだまち)で、高校1年の竹本知矢(ともや)さん(当時16)がサバイバルナイフで刺され、その後死亡した事件で、福岡地方検察庁小倉支部は26日、殺人未遂容疑で逮捕された交際相手の高校1年の少女(17=当時16)を、『承諾殺人』の非行内容で福岡家庭裁判所小倉支部に送致した。
少女は3月17日から鑑定留置されていた。
福岡地方検察庁小倉支部は、犯行当時の刑事責任能力を問えると判断したが、殺害について男子生徒の同意があったと認定。殺人よりも刑が軽い承諾殺人とした。
福岡県苅田町少年刺殺で少女殺人容疑で逮捕1.jpg

福岡家庭裁判所小倉支部は、少年法に基づき、検察官送致(逆送)や少年院送致といった処分を決定する。福岡地方検察庁小倉支部は、鑑定留置を実施していたが、刑事責任能力を問えると判断した。
認否や承諾の状況、処分に関する意見を付けたかは明らかにしていない。
少女は、福岡県京都郡苅田町(かんだまち)の自宅で、交際していた男子生徒の胸付近を刃物で刺して殺害しようとしたとして、現行犯逮捕された。男子生徒は意識不明の重体になり、27日後に病院で死亡した。
事件当時、自宅には女子生徒の家族や友人ら計7人が居た。





頼まれて、懇願されて相手を殺しても、場合によっては執行猶予が付く。
一体、刃物で人を刺して殺す・・・と言う事をどうやって知った? 誰に教わった? いつ体得した?
それは決して、してはいけない事だと教わらなかったのか!? 
殺す事だけを覚え、誰構わず、頼まれれば殺すのか? 頼まれればこれから先もずぅーっと殺し続けるのか!?


近い将来、野に放たれる――
こうして街中に人殺し経験者が溢れて行くのだろう――
それが次の少年・少女たちの殺人を誘発して行く――





posted by かえぴょん at 16:43| Comment(0) | 蔓延する都会的自己中心悪業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。