2017年05月25日

愛知県常滑市で夫に首絞められ?妻重体、泥酔状態の夫病院で死亡

愛知県常滑市妻重体夫死亡事件.jpg
愛知県常滑市妻重体夫死亡事件1.jpg
23日深夜00時50分頃、愛知県常滑市(とこなめし)大野町9丁目の無職・平松英宏さん(75)方で、同居する平松英宏さんの次男(44)から「親父(おやじ)が母の首を絞めたようだ」と、110番通報があった。
駆けつけた愛知県警常滑署員が、2階寝室のベッドで平松英宏さんの妻・平松美幸さん(67)が仰向けに倒れ、ぐったりしているのを発見。妻の平松美幸さんは病院に運ばれたが、一時意識不明の重体で、低酸素脳症の疑いがあると言う。
愛知県常滑市妻重体夫死亡事件2.jpg
平松英宏さんは泥酔しており、愛知県警常滑署が任意聴取の為、同行を求め、愛知県警常滑署の取調室で事情を聞いていた所、突然体調不良を訴え、痙攣を起こすなどした為、愛知県常滑市内の病院に搬送されたが、その後容体が悪化し、23日深夜03時45分頃に死亡した。
愛知県常滑市妻重体夫死亡事件3.jpg

愛知県警常滑署は、平松英宏さんが妻・平松美幸さんの首を絞めた疑いがあると見て、平松英宏さんの死因を調べると共に、被疑者死亡のまま、殺人未遂容疑の可能性も視野に調べている。平松美幸さんはその後病院で回復したが、首に絞められたような明確な跡は見つかっていないと言う。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 15:13| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。