2017年05月11日

奈良県上牧町の介護施設で97歳女性絞殺…殺人事件で捜査


奈良県上牧町介護施設老女殺人事件.jpg
10日深夜03時20分頃、奈良県上牧(かんまき)町上牧の介護老人保健施設「こころ上牧」で、入所している森本ミツヱさん(97)が自室のベッドから落ち、床に倒れているのを巡回中の介護士の男性(54)が見つけ、119番通報した。森本ミツヱさんは死亡しており、司法解剖の結果、首を紐のような物で絞められた事による窒息死と判明した。奈良県警捜査1課と奈良県警西和(せいわ)署は、殺人事件として捜査を始めた。

奈良県上牧町介護施設老女殺人事件1.jpg
奈良県上牧町介護施設老女殺人事件2.jpg
奈良県警西和(せいわ)署によると、森本ミツヱさんは5階建て施設の4階にある個室内で、ベッドのすぐそばの床に横向きで倒れていた。犯行時間とみられる10日未明、個室のドアは施錠されておらず、施設は18時00分以降は1階の玄関や勝手口は施錠され、施設に連絡しないと入れない仕組みで、外部からの侵入は難しい構造だと言う。窓が割られるなど外部から侵入された形跡は無かった。また、夜間にエレベーターや階段を使って別の階に行くには暗証番号を入力する必要があり、原則として職員しか行き来できないと言う事です。
奈良県上牧町介護施設老女殺人事件3.jpg
奈良県上牧町介護施設老女殺人事件4.jpg

奈良県警捜査1課などによると、施設は兵庫県姫路市の社会福祉法人「長和(ちょうわ)福祉会」が運営し、75人が入所。5階建ての建物で2階以上に入所者用の居室がある。
森本ミツヱさんは2010年1月に入所し、4階に居住。ベッドには転落防止用の柵が付いているが、発見時、森本ミツヱさんは身体の左側を下にした状態で床に横たわっていた。争ったような跡は無かった。森本ミツヱさんは普段は車椅子で生活していた。
職員は夜間、2時間ごとに施設内を見回り、10日深夜01時00分頃に見回りをした際には異常は無かった。各室のドアは鍵を掛けられるが、殆どの利用者が鍵を掛けていなかったと言う。
一方、森本ミツヱさんの部屋を含めて各個室には、普段から鍵はかけられておらず、同じ階であればどの部屋にも出入り出来ると言う事です。
奈良県警捜査1課と奈良県警西和署は、施設の職員や入所者からも話を聞くなどして捜査を進めています。




posted by かえぴょん at 16:19| Comment(0) | 日本凶悪鬼畜殺人地帯--関西編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

今日の運勢(星座)
提供元:みんなの電話占い