2017年04月18日

静岡県菊川市で父親に灯油飲ませ殺害、53歳息子を殺人容疑で逮捕

静岡県父親灯油強飲殺人事件.jpg

静岡県警菊川署は17日、同居する父親(当時82)に灯油を飲ませて殺害したとして、殺人の疑いで静岡県菊川市内に住む無職の男(53)を逮捕した。静岡県警菊川署によると、男(息子)は調べに対し、辻褄の合わない説明をしており、刑事責任能力の有無を調べている。また男の認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は平成28年(2016年)8月上旬、静岡県菊川市内の自宅で、父親に灯油を飲ませ、殺害したとしている。静岡県警菊川署によると、男は両親と3人暮らしで、父親は下半身不随のため寝たきりの状態だった。就寝中に自宅にあった灯油を飲ませたと見られ、父親はその後肺炎を引き起こし、呼吸不全で死亡させた疑い。70代の母親が、深夜に寝室で咳き込んでいる父親に気付き、「夫が灯油を飲まされた」と、119番通報した。
男は20代から精神科に入退院を繰り返しており、事件後に入院。静岡県警菊川署は退院を待って逮捕したと言う。
 尚、両者共に氏名は公表されていません。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:58| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。