2017年04月07日

愛知県豊山町の廃業ラブホテルで男性刺殺遺体…車から続く血痕、殺人で捜査


愛知県豊山町ラブホテル男性殺人事件.jpg
6日14時30分頃、愛知県西春日井郡豊山町(とよやまちょう)豊場(とよば)の廃業したラブホテル「サン」の駐車場に車が止まっていると、通行人の男性から「使われていない駐車場に車がとまっている」と愛知県警西枇杷島(にしびわじま)署に通報があった。警察官が駆け付けて調べた所、ホテルの室内から身元不明の男性のご遺体が見つかった。
ご遺体には刃物のような物による複数の刺し傷がある事から、愛知県警西枇杷島署は7日、殺人事件と断定し、捜査本部を設置した。
愛知県豊山町廃業ラブホテル男性殺人事件4.jpg

愛知県豊山町廃業ラブホテル男性殺人事件.jpg
愛知県警西枇杷島署捜査本部によると、ホテルは一部2階建ての平屋で、計13部屋あり、男性は20〜40代と見られ、上半身の服が一部メクれていた状態で、南東の部屋の浴室にうつ伏せで倒れていた。部屋は施錠されておらず、付近から凶器となるような刃物は見つかっていないと言う。駐車場には血のような痕があった。
捜査関係者らによると、男性は外見から外国人とみられると言う。7日にご遺体を司法解剖し、死因などを調べると共に、身元の確認を進めている。

愛知県豊山町廃業ラブホテル男性殺人事件2.jpg
またホテルの駐車場に放置されていた乗用車の助手席に、多量の血痕が付いていた事が7日、愛知県警西枇杷島署への取材で分かった。血痕は車から客室まで続いていたと言う。愛知県警西枇杷島署は、男性は車内で襲われた可能性があると見ている。現在、車の名義人と連絡が取れていないと言う事です。
Q.車はどんな?
(目撃した人)
「茶色の軽乗用車」
Q.車の中に何が?
(目撃した人)
「血のついた軍手。そのままホテルの中まで血が垂れていたので、(知り合いが)警察に通報した」

近くの住民によると、ホテルは数年前に廃業した後は廃虚になっており、夜中にゴミを捨てに来る人もいたと言う。60代の住民男性は、「夕方や夜に中高生の溜まり場になっていた」と話した。
現場は愛知県春日井市の名鉄小牧線・春日井駅から西に約3キロメートル、愛知県営名古屋空港からは西約2キロメートルの運送会社の倉庫や会社事務所、民家や田畑が混在する地域の一角。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:41| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。