2016年12月05日

愛知県豊橋市の5年前の強盗殺人事件…福岡在住、SNS知人の52歳男逮捕

愛知県豊橋市女性強盗殺人・多久英俊逮捕.jpg
5年前の2011年(平成23)年に、愛知県豊橋市大村町のアパートの一室で、住人の飲食店アルバイト・福山生枝(いくえ)さん(当時53)が縛られ殺害されているのが見つかった事件で、愛知県警豊橋署捜査本部は4日、福岡県小郡市美鈴が丘3丁目のトラック運転手・多久(たく)英俊容疑者(52)を強盗殺人の疑いで逮捕した。多久英俊容疑者は、殺害については容疑を認めていると言う。

愛知県豊橋市女性強盗殺人・多久英俊逮捕1.jpg
愛知県豊橋市女性強盗殺人・多久英俊逮捕2.jpg
愛知県警豊橋署捜査本部によると、多久英俊容疑者は2011年11月27日深夜0時10分頃から翌11月28日15時30分頃の間に、愛知県豊橋市大村町のアパートの1階室内で、この部屋に住む福山生枝さんの首を絞めて殺害し、現金やテレビ1台など(2万4150円相当)を奪った疑いがある。多久英俊容疑者と福山生枝さんは2009年頃にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて知り合ったと言う。
福山生枝さんからメールの返信が無い事を不審に思った知人男性が、2011年11月28日15時45分頃、福山生枝さん宅を訪れて、ご遺体を見つけた。
福山生枝さんはワンルームの室内のベッド脇に仰向けで倒れており、足元に、衣服と下着がまとめて置かれていた。福山生枝さんは両手首を粘着テープで何重にも縛られ、顔面がうっ血していたと言う。死因は窒息死だった。

愛知県豊橋市女性強盗殺人・多久英俊逮捕3.jpg
捜査関係者によると、福山生枝さんは事件前、知人に「携帯電話サイトでいろんな人と知り合って会っている」と、話していたと言う。現場から福山生枝さんの携帯電話が失くなっており、愛知県警豊橋署捜査本部は、何者かが福山生枝さんを殺害後、通話やメールの履歴を隠す目的で持ち去った可能性があると見て、交友関係を中心に500人以上調べる中で、多久英俊容疑者を割り出した。
愛知県警豊橋署の調べに対し、多久英俊容疑者は、殺害は認めていると言う事ですが、強盗容疑は否認していると言う。
多久英俊容疑者は、事件のおよそ2年前に福山生枝さんと交流サイト(SNS)で知り合い、犯行時は仕事で愛知県に立ち寄っていたと言う事です。


基本的に人を殺すと言う事さえ到底理解し難いが―――
5年以上も平然と暮らし、食べて・飲んで・風呂入って・寝て・トイレに行き・服を着替え・下着も着替え・散髪にも行き・あれやこれやと悪びれもせず、いけしゃあしゃあと暮らしていたかと思うと、もはや狂気の沙汰―――


福岡県小郡市在住の犯人は、仕事で愛知県まで来たついでに、豊橋市まで出向き殺害しているが、SNSで知り合い、果てに殺人事件に発展したケースでは、「三鷹ストーカー殺人」で、犯人(当時21)が京都府京都市から東京都三鷹市にやって来て、元交際相手の18歳高3女子を殺害した事件を想起させる。
SNSやソーシャルゲームなどでは、自分の居場所と相手の居場所を地図上でしか捉えない位置識失調に陥る。自分と相手の位置尺度が異なる事で、遠いから安心・・・と言う思い込み。VRが進むと更にこの感覚は麻痺してゆくかもしれない。






【関連する記事】
posted by かえぴょん at 15:26| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。