2016年08月18日

<山梨県甲府市会社役員殺人事件>自宅で襲われ、2人組が警備員殴り逃走!


甲府市2人組による男性殺人事件.jpg

17日22時15分頃、山梨県甲府市朝気1丁目の、不動産会社会長・若宮利雄さん(73)宅で、警備会社の警報システムが作動し、駆け付けた男性警備員(34)が玄関先で血を流して倒れている若宮利雄さんを見つけた。若宮利雄さんは病院に運ばれたが、約5時間後に死亡しました。
警備員も、室内から出て来た男と見られる2人に棒のような物で殴られ、左腕に軽傷を負った。2人組は逃走しており、山梨県警は殺人事件として2人組の行方を捜査している。

甲府市2人組による男性殺人事件0.jpg
甲府市2人組による男性殺人事件1.jpg
山梨県警捜査1課によると、若宮利雄さんは1人暮らし。発見時、胸や顔などを負傷した末に死亡したと見られ、鼻血を流していたが、目立った外傷は無く、詳しい死因などを調べている。室内に荒らされた跡は見つかっていないと言う。
警備員によると、2人組は共に身長170センチメートル前後。Tシャツに長ズボン姿で、顔は手ぬぐいのような物で隠していたと言う事です。

現場はJR東日本・中央本線甲府駅から南東約2キロメートルの山梨県甲府市中心部に近い住宅街。近くに住む60代の女性は、17日夜22時台に「わー」と言う、男性の叫び声を聞いたと言う。「まさか事件だったなんて恐ろしい。若宮さんは人情家で、周りの人からも良い人だと思われていた」と話した。


【関連する記事】
posted by かえぴょん at 15:06| Comment(0) | 凶悪殺戮‥甲信越編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]