2016年08月15日

島根県の出雲大社近くの駐車場車内から男性変死体

13日17時00分頃、島根県出雲市大社町中荒木の駐車場に止められていた乗用車の中から、男性のご遺体が見つかった。男性の胸には刃物によると見られる複数の傷がある一方、車内にあったカバンの中に包丁が入っていたと言う。島根県警出雲署によると、駐車場を管理している男性(56)が、「1週間ほど前から止められている車の中に人の足の様な物が見える」と、警察に通報しました。

島根県出雲市男性腐乱死体.jpg
島根県出雲市男性腐乱死体1.jpg
現場の駐車場は、出雲大社の約2キロメートル南の農地が点在する場所にあり、観光バスの待機所などになっていたが、今月から使われていなかった。島根県警出雲署が14日に行った司法解剖の結果、死因は失血死と判明した。ご遺体は仰向けの状態で見つかり、腐敗が進んでいると言う事で、死亡してから1週間程経っていると見られると言う。

島根県出雲市男性腐乱死体2.jpg
島根県警出雲署によりますと、乗用車はエンジンキーが差し込まれたままの状態で、運転免許証と現金も車内にあり、ドアは鍵が掛かっていなかったと言う事です。運転免許証や車両ナンバーから、乗用車は島根県出雲市内の30代男性の名義で、今月7日から行方が分からなくなり、家族から行方不明(捜索願い)の届けが出されていた。島根県警出雲署は、事件と自殺の両面で調べると共に、腐敗が進んでいるご遺体の身元の確認を進めると共に、付近で不審な人物が目撃されていないかなどを調べています。


何か違和感‥‥
一部メディアでは、自殺と断定した書き方があるが、報道されている内容では、胸に刃物によると見られる複数の傷、とあるが、自分で胸を何度か刺して、その後刃物をカバンに入れ、出血多量で死ぬのを待っていたと言うのだろうか?
遠のく意識の中、凶器と思しき刃物を何故、カバンにいれる必要があった?




ここは糸村刑事の出番!?

遺留捜査3 DVD-BOX






posted by かえぴょん at 14:58| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。