2016年08月14日

香川県高松市のアパートで両手首縛られた女性変死体、殺人で捜査


高松市女性緊縛変死事件.jpg

13日昼0時20分頃、香川県高松市福岡町4丁目のアパートの一室で、この部屋に1人で住む団体職員の木村友香さん(42)が倒れているのを、電話に出ない事を心配して訪ねてきた義理の弟が見つけ、119番通報しました。香川県警高松北署員と消防が駆けつけた時、木村友香さんは既に死亡しており、両手首が結束バンドで縛られていた。

香川県警高松北署によると、女性は玄関付近で、両手首を前にして縛られ、うつ伏せに倒れていた。部屋は全て施錠されていて、荒らされた形跡などは無かったと言う事です。ご遺体に目立った外傷や着衣に乱れなど無く、遺書などは見つかっていないと言う。
香川県警高松北署は当初、事件と自殺の両面で捜査していましたが、14日、ご遺体を詳しく調べた所、首を絞められて殺害された疑いが強い事が分かりました。この為、香川県警高松北署は殺人事件として、詳しい状況や、周辺で不審な人物が目撃されていないかなどを捜査しています。

※死因の特定が進み、殺人事件と判明した事と被害者の氏名が公表されたため、加筆修正しました。




posted by かえぴょん at 21:15| Comment(0) | 凶悪殺戮--四国中国編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。