2016年08月09日

愛知県東浦町の民家で76歳女性絞殺体、81歳夫付近で首つり死亡

8日18時15分頃、愛知県東浦町緒川の無職・三島義久さん(81)方の2階建て住宅の1階寝室で、妻の三島慶子さん(76)が布団に仰向けで横たわり死亡しているのを、同居する長男の妻(47)が見つけ、119番通報した。
愛知県警半田署によると、首には紐で絞められたような痕があった。
愛知県東浦町妻殺害心中事件.jpg

愛知県東浦町妻殺害心中事件1.jpg
愛知県警半田署によると、三島義久さんの行方が分からなくなっていたが、自宅にあったメモを基に捜索した所、約1時間半後、自宅から北東へ500メートル離れた川の護岸から伸びた鉄柱で、高齢の男性が紐で首をくくって死亡しているのが見つかった。
愛知県警半田署は男性が三島義久さんと見て身元確認を進めている。愛知県警半田署によると、三島義久さんが妻の三島慶子さんを介護しており、数カ月前から体調が悪化していたと言う。三島義久さんは周囲に、「介護に疲れた」と、話していたと言う。三島義久さんが無理心中を図った可能性があるとして調べている。

老老介護の果ての凶行‥‥
しかし妻の首を絞め殺害した事に変わりはない。自らも後追い自殺し、傍目には無理心中と報道されるが、長男夫婦が同居する中、何故一人で抱え込んでしまったのか? 長男夫婦との関係も上手くいってなかったのか? そうなれば介護放棄とも取れるが‥‥
いずれ捜査は、被疑者死亡で不起訴になり、やがて自死として書類はホコリを被る事になる―――




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 15:17| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。