2016年08月03日

東京都西東京市のアパートで高齢女性首切られ死亡、殺人で捜査


西東京市老女殺人事件.jpg

2日19時05分頃、東京都西東京市田無町5丁目のアパートで、「朝から玄関のドアが半開きだったので見に行ったら、血だらけの女性が倒れている」と、近所の住民から110番通報があった。警察官が駆けつけた所、アパート2階の一室で、女性が首から出血した状態で倒れており、間もなく死亡が確認された。警視庁は、首に刃物で刺されたような痕がある事などから、殺人事件の可能性があると見て捜査を始めました。

西東京市老女殺人事件1.jpg
警視庁捜査1課によると、死亡した女性はこの部屋で一人で暮らす70代の住人と見られ、女性は部屋の玄関付近の台所の床に仰向けの状態で倒れていて、首の左側には刃物で刺されたような15センチメートルほどの傷痕があり、更に顔の左側や、左手にも2〜3センチメートルの切り傷があった。
2日朝から玄関ドアが開いていたのを不審に感じた近所の住民が、様子を見に行ったと言う。警視庁捜査1課は、死後1〜2日程経過していると見ている。付近から刃物などは見つかっておらず、部屋を荒らされた形跡や、着衣の乱れは無かったと言う事ですが、「きのうの朝から玄関のドアが開けっ放なしだった」と言う住民の目撃情報があると言う事です。
警視庁捜査1課は、死亡した女性の身元の確認を急ぐと共に、殺人事件と見て調べている。
西東京市老女殺人事件2.jpg




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 13:45| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。