2016年07月10日

東京目黒の切断遺体事件、女性宅浴室に組織片と血液反応…逮捕の28歳男容疑認める


碑文谷公園老人バラバラ殺人事件.jpg

先月23日、東京都目黒区の区立碑文谷公園内の池で、近くの東京都世田谷区野沢に住む無職・阿部祝子(ときこ)さん(88)の切断遺体が見つかった事件で、警視庁碑文谷署捜査本部に9日、死体遺棄容疑で逮捕された東京都世田谷区野沢の自称無職・池田徳信(やすのぶ)容疑者(28)が、関与を認める供述を始めた事が分かった。
逮捕当初は「やっていません」と容疑を否認していた。

碑文谷公園老人バラバラ殺人事件1.jpg
また、阿部祝子さんの自宅マンションの浴室から、人体の一部と見られる組織片が見つかり、微量の血液反応が確認された事も判明した。警視庁碑文谷署捜査本部は、この浴室で阿部祝子さんのご遺体が切断された可能性があると見て、死体遺棄容疑で逮捕した池田徳信容疑者(28)から更に事情を聴き、動機の解明を進める。池田徳信容疑者は当初、容疑を否認したが、その後の調べで認めたと言う。

碑文谷公園老人バラバラ殺人事件2.jpg
碑文谷公園老人バラバラ殺人事件3.jpg
捜査関係者によると、阿部祝子さん宅の現場検証で数十の微物を採取し、鑑定の結果、浴室の微物が阿部祝子さんの身体の一部と見られる組織片だった。浴室や脱衣所から血液反応も確認したと言う。
阿部祝子さんが長男一家を見送った6月19日20時頃から、碑文谷公園の池でご遺体が見つかる23日午前までの間、リュックサックを背負った池田徳信容疑者と見られる男の姿が、阿部祝子さんのマンションや周辺の防犯カメラに写っていた事も判明した。
警視庁碑文谷署捜査本部は、池田徳信容疑者(28)が、阿部祝子さんの遺体をリュックに入れて運び出していたと見て捜査している。また、池田徳信容疑者と見られる男が同じ期間の夜に、碑文谷公園の池の周辺を歩く様子も近くの防犯カメラに写っていた。
警視庁碑文谷署捜査本部は9日、池田徳信容疑者の自宅マンションの部屋を検証し、家宅捜索し、自転車などを押収した。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 00:21| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。