2016年05月15日

神奈川県藤沢市の介護施設で高齢女性殺害、夫が心中殺人か       栃木県小山市で妻と長男死亡、搬送の父親が心中殺人か


14日午前5時10分頃、神奈川県藤沢市円行1の介護付き有料老人ホーム「クロスハート湘南台・藤沢」6階の一室で、巡回中の男性介護士が、80歳ぐらいの女性がベッドに倒れているのを発見し、119番通報した。消防や神奈川県警藤沢北署員が駆け付けると、女性が仰向けに横たわり意識が無く、その後、搬送先の病院で死亡が確認された。
発見時に室内には男性がおり、床にうずくまっていた。両手首に切り傷を負っていたが軽傷で、命に別条は無いと見られる。神奈川県警藤沢北署は、2人はこの部屋に入居している夫婦で、無理心中を図ったと見て回復を待って事情を聴く。
神奈川県警藤沢北署によると、女性の首には絞められた跡があり、顔などに切り傷があった。室内から紐や刃物のような物が見つかった。この部屋に住む夫婦は、妻が車椅子で生活し、夫が身の回りの世話をしていたと言う。


罫線ライン有刺鉄線



14日午前9時35分頃、栃木県小山市中久喜の民家で、この家に住む無職・静井武さん(66)方で、妻の無職・静井米子さん(65)と、長男の職業不詳・静井和幸さん(32)が血を流して倒れているのを、訪れた娘が見つけ、警察に通報しました。2人は間もなく死亡が確認されました。

静井武さんも部屋でケガをして倒れており、病院に運ばれ治療を受けていますが、命に別状は無いと言う事です。栃木県警は、詳しい死因を調べると共に、無理心中の可能性もあると見て、静井武さんの容態の回復を待って詳しい事情を聴く方針です。

栃木県警によりますと、死亡した静井米子さんと静井和幸さんは1階の居間に、静井武さんは玄関先に倒れており、2人の近くにはサバイバルナイフと包丁が落ちていたと言う事です。発見時、玄関ドアや窓は施錠されていて、訪れた静井武さんの娘が、チェーンロックが掛かった玄関ドアの隙間から人が倒れているのを発見、119番通報した。






【関連する記事】
posted by かえぴょん at 16:24| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。