2016年05月09日

愛知県豊田市樹木町の女性白骨遺体遺棄事件、元同僚の24歳男を死体遺棄容疑で逮捕

愛知県豊田市樹木町(じゅもくちょう)4丁目の畑で、女性の一部白骨化した遺体が4月26日に発見された事件で、愛知県警豊田署捜査本部は8日夜、近くに住む元派遣会社社員で無職の、万井(よろずい)大輝容疑者(24)を死体遺棄容疑で逮捕した。万井大輝容疑者は容疑を認めていると言う。
また、愛知県警豊田署が確認を進めた所、遺体で見つかったのは、万井大輝容疑者が勤めていた派遣会社に登録していた、愛知県尾張旭市出身で住所職業不詳・小谷川(こたにがわ)彩さん(22)と判明したと言う事です。
愛知県警豊田署捜査本部によると、万井(萬井=一部報道で旧字体の使用あり)大輝容疑者が5月7日夕方、派遣会社の元上司と共に愛知県警中村署に出頭、事情を聴いた所、遺棄について自供した為、逮捕したと言う。
愛知県警豊田署捜査本部によると、事件当時、万井大輝容疑者は派遣会社の社員として愛知県豊田市内に勤務。小谷川彩さんも昨年10月頃から同じ会社の登録社員となり、愛知県豊田市内のアパートに住んでいた。万井大輝容疑者は、勤務していた派遣会社で、派遣先に登録社員を紹介するなどの管理業務を担当。同じ派遣会社の登録社員だった小谷川彩さんの管理担当者として、住居などの個人情報や派遣先を把握できる立場にあった事が、愛知県警豊田署捜査本部への取材で分かった。
小谷川彩さんと万井大輝容疑者には面識があり、万井大輝容疑者が小谷川彩さんの自宅を知っていたと見ている。小谷川彩さんは愛知県豊田市内の派遣先で、昨年12月初旬頃まで勤務していたのが確認されていると言う。
2人の勤務先だった派遣会社によると、万井大輝容疑者は2014年4月に入社し、今年4月30日に退職した。小谷川彩さんは昨年10月に派遣登録し、同年12月初旬頃までに数日間勤務していた。愛知県警豊田署捜査本部によると、解剖の結果、刃物による傷や骨折の形跡は無く、死因は特定出来ていないと言う。小谷川彩さんが死亡した経緯についても慎重に調べる。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:01| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。