2016年04月27日

愛知県豊田市の畑で白骨化した女性遺体、死体遺棄で捜査

26日午前8時頃、愛知県豊田市樹木町(じゅもくちょう)の畑に一部白骨化した遺体があるのを、畑の所有者の妻が見つけ110番通報しました。愛知県警捜査1課によると、遺体は女性で20〜40歳ぐらい、身長約165センチメートルで、司法解剖の結果、死因は不明、死後約3カ月〜1年が経過していた。身元を示すものは無く、茶色がかった髪を肩ぐらいまで伸ばし、胸の部分にアルファベットがプリントされたフードつきの長袖Tシャツを着ていましたが、下半身は下着のみだった。遺体には目立った外傷はなく、白い布が掛けられていた。
また裸足で、近くで靴などが見つかっていない事から、愛知県警捜査1課は、何者かが女性の遺体を運んで来て遺棄したと見て、身元の確認を急ぐと共に、死体遺棄事件として捜査しています。

遺体を発見・通報した畑の所有者の妻は、畑の手入れに訪れていたと言う事ですが、昨年5月から来ていなかったと言い、遺体は畑の窪みにあったと言う。
現場は愛知環状鉄道線・新上挙母駅(しんうわごろもえき)から北に約550メートル、愛知県豊田市役所から1キロメートルほどの住宅や畑が点在する場所で、近所の人によりますと、畑の所有者以外が出入りする事は殆ど無いと言う事です。



【関連する記事】
posted by かえぴょん at 18:50| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。