2016年04月08日

東京都豊島区のマンションで同居男性を刺殺、49歳女を逮捕

8日午前3時20分頃、東京都豊島区池袋本町のマンションの1室から、女の声で「(人を)刺しました。早く来て下さい」と119番通報があった。警察官や救急隊員が現場に駆けつけた所、マンションの部屋で、この部屋に住む職業不詳・菅原義彰さん(48)が胸をナイフで刺され血を流して倒れていて、病院に搬送されましたが、間もなく死亡しました。警視庁池袋署は、その場に居た菅原義彰さんの同居相手の自称無職・野口みゆき容疑者(49)を、殺人未遂の疑いで逮捕しました。警視庁池袋署の調べに対し、野口みゆき容疑者は容疑を認めた上で、「暴力を振るわれて腹が立ち、殺そうと思って刺した」などと供述している事から、当時の状況や事件が起きるに至った詳しい経緯を調べています。

近隣住民は「奥さん(野口みゆき容疑者)が、しょっちゅう喧嘩してる(と言っていた)。旦那さんは、青タン付いてたり、引っ掻き傷みたいなね。『(野口みゆき容疑者は)私は格闘技やってるから大丈夫なんです』って言ってた」と話した。
警視庁池袋署幹部によると、菅原義彰さんは胸を2ヵ所刺され、失血死と見られ、室内から凶器と見られる刃わたり約20センチメートルのナイフが見つかった。
警視庁池袋署は、死因の特定を急ぐと共に、容疑を殺人に切り替え、犯行に至った状況などを調べる方針。




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:59| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。