2016年04月06日

静岡県静岡市葵区・市営団地での母親殺人、韓国籍の52歳次男を東京都内で殺人で逮捕

先月22日、静岡県静岡市葵区美川町の市営団地の1室で、韓国籍の野田福子(本名:鄭福順)さん(77)の変死体が発見された事件で、静岡県警静岡中央署と静岡県警捜査1課は5日、同居していた次男で韓国籍の住所不定無職・野田直義こと金正徳容疑者(52)を、殺人の疑いで逮捕したと発表した。金正徳容疑者は「間違いない」と容疑を認めており、今後犯行の動機について詳しく調べる方針。
静岡市韓国人女性殺人事件.jpg
静岡市韓国人女性殺人事件2.jpg

逮捕容疑は3月中旬、静岡県静岡市葵区美川町の市営団地の1室で、同居していた母親の無職・鄭福順さんを刃物のような物で首や顔などを、複数回に渡って突き刺し、失血死させ殺害した疑い。部屋に荒らされたり、侵入されたりした形跡がなく、事件後に金正徳容疑者と連絡が取れなくなった事から、静岡県警静岡中央署が殺人容疑で指名手配していた。
5日午前2時15分頃、東京都渋谷区内の路上で、1人で座り込んでいた金正徳容疑者を警視庁原宿署員が発見し、職務質問した所、保険証を所持しており容疑を認めた為、逮捕したと言う。捜査関係者によると、金正徳容疑者は車を持っておらず、犯行後、高速バスで東京都内に移動し、路上生活をしていたと見られる事が分かった。母親の鄭福順さんが亡くなったと見られる先月12日前後には、JR静岡駅周辺に居た事が防犯カメラの解析で確認されていた。金正徳容疑者は発見された時、所持金は殆ど持っていなかったと言う。
静岡市韓国人女性殺人事件1.jpg

事件を巡っては、先月22日午前11時半頃、鄭福順(野田福子)さんを訪ねてきた親族が、ベッドの上に仰向けに倒れた状態で血を流して死亡しているのを発見。当時居室の玄関は施錠されており、遺体は死後1週間〜10日ほどが経過していた。

事件発生時、被害者が韓国籍である事や、行方不明になっていた次男も韓国籍である事は、全く報道されなかった。
中国人やペルー人やベトナム人が凶悪犯罪を犯した場合、『外国籍と思われる・・・』などと匂わす言葉を使うが、今回は逮捕された事で外国籍(韓国籍)である事が報道されたのは、何か意図があるのか?





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 17:59| Comment(0) | 凶悪殺戮‥東海編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。