2016年03月31日

埼玉朝霞市少女誘拐事件、ロリコン変態偏執狂…寺内樺風容疑者を逮捕

2014年(平成26年)3月から行方不明になっていた、埼玉県朝霞市の当時中学1年の女子生徒(15)が27日に東京都中野区で約2年ぶりに保護された事件で、埼玉県警朝霞署捜査本部は28日未明、『未成年者誘拐容疑』で逮捕状を取って公開指名手配していた東京都中野区東中野3の職業不詳・寺内樺風(かぶ)容疑者(23)の身柄を、静岡県伊東市内で確保したと発表。

埼玉県警朝霞署捜査本部によると、寺内樺風容疑者は28日午前3時15分頃、静岡県伊東市十足(とおたり)の路上で、血だらけで歩いているのを新聞配達員の男性が発見し、静岡県警の最寄りの警察署に通報した。約15分後、警察官や救急隊員が現場に駆けつけると、寺内樺風容疑者は警察官に対し、「自殺しようとした」と言う趣旨の説明をしたと言う。首の右側に切り傷があり、大型のカッターや現金を持っていた。
身柄を確保された後、静岡県伊豆の国市の病院に搬送され、治療のため数日間入院した。埼玉県警朝霞署捜査本部は病院に捜査員を派遣、31日午前8時50分、医師の診察で健康状態に問題が無いと判断された為、病院内で『未成年者誘拐容疑』で逮捕した。
寺内樺風容疑者はその後、ヘリコプターなどで捜査本部がある埼玉県警朝霞署捜査本部まで移送された。


寺内樺風容疑者は大阪府池田市出身で、十数年前から池田市内の賃貸住宅で両親と妹の4人で暮らし。高校卒業後に実家を離れたと言う。池田市内に住む祖父は、寺内樺風容疑者の身柄確保をテレビのニュースで知ったと言い、「しばらく会っていないので最近の様子は分からない。気持ちの優しい子なので、何故こんな事をしたのか。被害者に申し訳ない事をしてしまった」と困惑した様子だった。
尚、ネット上には被害者の氏名、容疑者の出身校名・家族名など、暴き立てる物が散見されますが、本稿では公式記者発表のみで編纂しています。


ほんとに最近は、この手のロリータコンプレックスの小児性愛、幼女趣味、少女愛好者が蔓延し過ぎている……。
小学校・中学校・高等学校の教師、教諭から校長に至るまで、みだらな行為や盗撮が横行し、それを取り締まる警察官までもが盗撮にまるで憑依されたかのように、変態・変質者化して、ちょっと呆れると言うより、20代から70代の男は皆ロリコンと、子供に教えなければならない程、異常繁殖してしまっている。


しかも今回の事件───未成年者誘拐は最高刑で懲役7年。以前、新潟で起こった更に長期の未成年者誘拐では、監禁罪の合罪が適用され、それでも懲役14年の刑に留まっている。
これだけ社会的影響が大きい割に、何んと刑の軽い事か・・・!!!
子供を守る、と言う大前提が、いつの間にか加害者有利になってしまっているような気がしてならない。






 
【関連する記事】
posted by かえぴょん at 14:18| Comment(0) | 凶悪残虐事件の終幕切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。