2016年03月24日

ボロ儲け商社に創業以来の赤字……百姓の呪い!?

大手商社の「三井物産」は、原油や鉱物など資源価格の低迷が続いていることから、ことし3月期の決算で2600億円の損失を計上することになり、最終的な損益が700億円の赤字と、創業以来初めての赤字になる見通しになりました。三井物産がグループ全体の決算で最終赤字に陥るのは、昭和22年に現在の会社の基となる「第一物産」を創業して以来初めて。


ほおぅ・・・原油や鉱物資源価格の低迷が原因か〜〜〜
百姓を散々、ボロクソに言い、政府と経済界が一丸となりTPPで勝利し、百姓を凋落させ、死滅させて来た連中が、僅か67年の歴史ごときで赤字の泣き言かよ!! 
百姓、コメ作るな! と言われ、減反、減反、そして更に減反、減反と・・・衰退縮小の道を歩かされて来た 耐え難い状況下を鑑みれば、へぇぇぇ〜〜〜あれまっ、ですか。



posted by かえぴょん at 17:02| Comment(0) | 需要なく粗放品で滅ぶ国内企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。