2016年03月15日

千葉県佐倉市で姉を踏みつけ死亡させた容疑で67歳弟を逮捕



千葉県警佐倉署は14日、千葉県佐倉市の自宅で、姉の小野寺弘子さん(71)を蹴り倒し、腹や胸などを踏み付けるなどして死亡させたとして、傷害致死の疑いで千葉県佐倉市の無職・小野寺徹容疑者(67)を逮捕した。逮捕容疑は、小野寺徹容疑者が5日頃、千葉県佐倉市上志津の自宅で、床に座っていた姉の小野寺弘子さんを蹴り倒し、腹や胸などを踏み付けるなどして死亡させた疑いが持たれています。

千葉県警佐倉署によりますと、小野寺徹容疑者は13日、「姉が亡くなった」などと、親戚に相談していました。その際、親戚から「すぐ救急車を呼びなさい」と言われ、14日午前に自ら119番通報したと言う事で、駆け付けた地元消防の救急隊員が、小野寺弘子さんが自室で死亡しているのを見つけた。千葉県警佐倉署によると、小野寺徹容疑者は姉の小野寺弘子さんと2人暮らしで、調べに対し、容疑を認めていて、「もともと普段から仲が悪く、カッとなってやってしまった」と話していると言う。千葉県警佐倉署は小野寺徹容疑者から更に話を聞くなどして詳しい動機を調べています。
現場は佐倉市の中でも八千代市に近い地域で京成本線が通る住宅地。





【関連する記事】
posted by かえぴょん at 23:03| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。