2016年03月05日

千葉県山武市で生後5カ月の娘を絞殺、38歳母親を殺人容疑で逮捕


4日午後2時45分頃、千葉県山武市(さんむし)森の住宅から「一緒に死のうと思って娘の首を絞めた」と、女性の声で110番通報があった。警察などが調べた所、生後5カ月の小川凜乃(りの)ちゃんが心肺停止の状態で倒れているのが見つかり、病院へ搬送されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。
千葉県警山武署は4日、東京都板橋区小茂根の自称無職で母親の小川紀子容疑者(38)が、小川凜乃ちゃんを殺害した事を認めた為、殺人容疑で逮捕した。

現場の千葉県山武市森の住宅は、夫の実家で、小川紀子容疑者は犯行後、自ら110番通報した。千葉県警山武署の調べに対し、小川紀子容疑者は「育児に疲れ、辛くなった」「2階の寝室で首を絞めた」と供述していると言う。千葉県警山武署は、小川紀子容疑者に精神的トラブルから病院への通院歴がある事から、育児ノイローゼで心中を図ろうとした可能性もあると見て、詳しい犯行の経緯などを調べている。また小川紀子容疑者に目立った外傷は見つかっていないと言う。
千葉県山武市森は、首都圏中央連絡自動車道が通る位置にあり総武本線に隣接した地域。


豊かなはずの東京圏住みで、何故、子供を殺す事ばかり考える母親が増え続けているのか? 便利で、何もかも揃っていて、並みの生活費があって、何が不満で子供に殺意が向くのか・・・甚だ理解し難い!!




【関連する記事】
posted by かえぴょん at 18:35| Comment(0) | 凶悪殺戮--東日本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。